「塩パンの作り方」

2021.07.12(月)

日々是好日へ

とても美味しいのでたびたび作っています。
小麦粉は強力粉168g、薄力粉が72gです。(7対3の割合です)
無塩バター:8~10gにカットしたもの6個を用意し冷蔵庫に入れておきます。
ボールに強力粉と薄力粉を入れさっと混ぜ合わせ、 砂糖:19g、塩:3g、ドライイースト:3gを
加えて、レンジで約40℃に温めたぬるま湯:156gを入れヘラで混ぜ合わせます。
ボールのまわりに付いている粉もヘラでこそげるようにして混ぜます。
下のように混ぜ合わさったら、 
カードを使いながら、台に取り出します。 
 取り出した生地は両手の掌を使って、たたんでは延ばす作業を10分~15分続けます。
次に無塩バター12gを加え、同じ作業を8分~10分ぐらい続けます。 
 バターがなじんだら生地を両手で転がし、やがて生地の表面が滑らかになります。
(一次発酵)
生地をボールに戻し、ラップをかけてレンジで一次発酵をします。 
オーブンの発酵機能で、35℃で50~60分発酵させます 
55分でおよそ2倍になったので取り出しました。 
 「フィンガーテスト)
指に強力粉をつけ、生地に差し込んで抜いた後、穴がそのままなら発酵完了です。
(ガス抜き)
生地を上からそっと抑えて、中のガスを抜きます。 
この後、デジタルスケール(はかり)で生地の総重量を計ります。
 台に打ち粉をして、カードを使って生地を取り出し計りを使って6等分します。
6等分した生地は外側を下に包み込むように丸め、閉じ口を下にしてから、
ラップをかけて室温で約10分、生地を休めます。(ベンチタイム)
ベンチタイムが終わったら掌で抑えて直径10㎝位に広げます。 
広げたら手前から真ん中が太くなるように巻いてゆき、巻き終わりを
つまんで閉じたら、閉じ口を下にして並べておきます。
 全部、巻き終えたら、冷蔵庫に入れて置いた無塩バター:各10gを入れていきます。
巻いておいた生地を24~25㎝に延ばします。 
 3等分し、手前3分の1は上に重ねます。
 めん棒を使い下のように延ばし、バターを包み込み巻いてゆきます。
オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、巻き終わりを下に並べます。 
 (二次発酵)
ラップをかけてオーブンの発酵機能で、35℃で30~40分二次発酵させます 
二次発酵が終わったら取り出、オーブンを200℃で15~16分予熱セットします。
この間、生地はラップをかけたまま常温で待ちます。 
 予熱する直前に無塩バター:15gをレンジで溶かしておきます。
また岩塩(無ければ普通の塩でもOK)も用意しておきます。
 オーブンの予熱が終わったら、生地の表面に刷毛でバターを塗り、
岩塩を一列に振ります。
200℃に予熱したオーブンの下段で15~16分焼きます。 
 16分焼いて,美味しそうに焼きあがりました。
焼きあがったら網に乗せて冷まします。 
とても美味しくできました。